不定期連載Selphice的ペット育成理論 その2
【2008/03/09 09:10】 Sel的ペット育成理論本編 | TB(0) | CM(3)
第二章

 Selphice的テイマーの見地による各スキル考察



今回はテイマーの、もっと突っ込んで言うならペット育成家の視点で見た場合の各スキルについて、当初は色々書こうと思ってましたがすごく長くなりそうだったので、よく考えると例えば筋力の扱いなんか今更ですし、動物帝国とか見れば基本的なことは大体書いてあるので、ここでは基本方針に基づいて、軽視されがちだけど私的には…、と思うところに主に重点を置いて書いて、それ以外は適当に端折っていきます。
個人的に重要と思う項は太字にしてあります。


(注・あくまでも私が今まで自身の経験を介して構築してきた考えです。プレイスタイルは人により千差万別なので万人に当てはまる・役に立つということはありえません。自分に有益と思うところだけ参考にして下さい。)


 ・目次はこちら





ちなみに、私の育成キャラのスキル構成はこんな感じです。
以下より各考察。

・【 筋力 】
常時レイジングは慣れが必要なのもありますし慣れててもいざというとき危険な場合もありえますから0はダメとは言いませんが推奨はしません。

・【 着こなし 】
あるに越したことは無いですがやはり切り詰め候補でしょう。
魔力上昇のある衣服はACはあって無いようなものがほとんどだから、共闘型でないのなら極端なことを言えばほとんど無くてもいいかもしれませんね。
共闘型の場合は、システム上本体にタゲが集まりやすいのである程度のACは欲しいところです。

・【 攻撃回避 】
取るなら90↑、でなければ0 の二択でしょう。中途半端にあってもご利益薄く、それなら盾や、強タゲ切り能力のセンスレスがある酩酊を上げたほうがいいです。

・【 生命力 】

支援型だと切り詰め候補に挙がりがちな生命力ですが、育成中に飼い主にタゲが向いたり他のMobの襲撃を受けたりして簡単に死んでしまうほど低いと、無駄な時間が増え育成効率に大きく影響を及ぼしてしまいます。できれば生命はある程度高めには振っておきたいところです。

・【 知能 】

魔法熟練を上げているとMP管理がかなり変わってくるので結果として知能も切り詰め候補に挙がりがちですが、MPの多さとは言い換えれば余裕の大きさ。普通の状態ならいいですが不測の事態の場合にはこの余裕の大きさが明暗を分けることはしばしばあります。こちらもカツカツではなくある程度余裕を持たせて振っておきたいですね。

・【 持久力 】
支援型の場合、多少はあるに越したことは無いですがミルクティと回復魔法リフレッシュが優秀なので構成次第ではほとんど無くていいぐらいだと思います。魔法熟練の高さなんかに応じてというとこでしょうか。

・【 精神力 】
メイジの場合高いほどいいのは言うまでもありませんが、とりあえず装備込みで魔力100あれば十分なのでそれ以上は余裕があればというところでしょうか。最低でも装備込みで魔力80ほどは欲しいと思います。

・【 集中力 】
詠唱短縮効果があるのであればあったで便利ですが、本来は詠唱妨害抵抗が肝であり回避同様中途半端に取っても効果が薄いので、魔法熟練のホールドが無いのなら無理して取る必要もないかと思います。

・【 呪文抵抗力 】

痛い魔法攻撃をしてくるMobはそれほど多くないので無くてもそれほど大きな問題にもならないとは思いますが、そういうのを相手にする時魔法は遠距離攻撃なのでいくら狙われないように頑張っても立ち回りだけではどうにもならない部分はあります。40〜50ほど振っておくとそういう場面でもかなり余裕を持てると思います。例えば地下水路。

・【 水泳 】
育成で水ウンディーネを使う場合にはできれば欲しいので金銭的余裕があるなら90くらいをブーストしておくといいかもしれませんね。

・【 死体回収 】
死体回収のすばらしさは真☆減るナイト、INORAN大先生のブログをご参照下さい。

・【 包帯 】
脳筋型ならほぼ必須、回復魔法持ちであってもあると更なる無茶が効くようになります。ちなみに包帯90あるとコットンでも41かそこら回復します。

・【 自然回復 】

育成中は動かないことが多いので、1だけでも振ってあると地味に効いてくるスキル。スキル構成を考えるとき、小数点以下4桁まである端数の問題から1〜3程度余裕を持たせておいて850ジャストで考える人はあまりいないと思います。その余裕分、いわゆる余りの部分は自然回復にでも放り込んでおきましょう。最低でも1は振っておきたいですね。


・各種武器系スキルについて
共闘型ならこのどれかはチョイスしてるわけですが一部を除けばどれ選んでも大差なくて好みの問題かなと思います。その一部だけちょっと考察。
【 素手 】
スパルタンフィストがあるので魔法が無いなら出来ればこれをチョイスしたいですね。

・【 弓 】
調教を含む複合シップの一つ、フォレスターは必要スキルに弓も含まれますが、システム上弓と調教はあまり相性がいいとは思えません。というのもペットと飼い主両方が攻撃したら飼い主へのヘイトが高まり飼い主にタゲが集まります。相手と距離を取りたい弓としては動き回るわけですが、ペットはけっこう反応が鈍く動き回る相手には攻撃頻度が減りやすくなります。

・【 キック 】
威力と命中がキックスキルのみに依存されるこの攻撃方法は、筋力が影響しないのでメイジタイプに相性がいいと言えます。ST消費が激しいこのスキルもメイジタイプなら回復魔法で一発解決っ。まぁ破壊力自体はちょっと寂しいですが…。

・【 盾 】
飼い主を守る手段の一つの候補として考えられる盾。きちんと使えれば強いことはたしかですが、支援型の場合は先手を打ってタゲ切りなどしていき攻撃を「されない」ように立ち回ることが肝であり、あえて攻撃を受けにいく盾は支援型の基本理念から外れている気もしますね。
近接共闘型の場合は基本的には飼い主がタゲを集めるような格好になるので相性のいいスキルだと思います。

・【 戦闘技術 】
近接共闘型は飼い主にタゲを集めることになるので殲滅力が高くないとジリ貧になっていきます。近接共闘型は取っておくべきでしょう。

・【 酩酊 】
Pre最強タゲ切り技を有する酩酊。スキル48必要なだけあり効果は絶大です。逆の見方をすればスキル48も必要なので取るべきかどうか迷うところでしょう。無いなら無いなりに他のタゲ切りなど立ち回り次第でほとんどの場面はどうにでもなるので本人のスタイルに依存されるところです。

・【 物まね 】
水中移動速度UPのマーメイド、移動できるインビジのネイチャー、コスト不要の本体回復手段のハラキリ(死なないよう注意w)、ネタだけでなく囮にも使えるミラージュ、と意外と使える技の多い物まね、構成に個性を出すには面白いスキルと思います。
 
・【 調教 】
ペット育成の第一歩はやはりこれから。最低でもミラクルケイジ100%の78は欲しいですが、調教値の高さはそのまま出せるペットの数や強さに関わるので多ければ多いに越したことはありません。

・【 破壊魔法 】
主力となるか補助火力となるかは個人のスタイル次第でしょうか。補助火力としてならアイスボールが強いので18振るだけでも十分役立ちます。ラピッドキャストがあると尚良し。

・【 回復魔法 】
支援型構成必須項目の一つ。HA100%の88は絶対条件ですが多頭で狩りなどしている時のためにセイクリ100%まで上げることも視野に入れたほうが良いかと思います。

・【 強化魔法 】
個人的にはこちらも、支援型を名乗るなら必須項目としておきたい強化。ペットの能力向上だけでなく魔法を弾いたり姿を消したりと役に立つ魔法が多すぎて最低でもいくつまで欲しいという線引きは正直できませんがとりあえず90まで取れれば十分です(高いに越したことは無いですが)。

・【 神秘魔法 】
無ければ無いでどうにでもなりますが、あると世界ががらりと変わる、そんな魔法です。取るならもちろん最低でもテレポが実用的に使えるところまで。召喚18は最低でも取ること前提で考えるならホーリーレコードのために神秘は最低50くらいあったほうがいいでしょうか。あと、コーリングも何気にかなり使える魔法なので68〜アルタまで使える70くらいまであってもいいですね。

・【 召喚魔法 】

召喚魔法には召喚だけでなくペットへの支援魔法が多く存在しており、テイマーに極めて相性のいいスキルです。よく鍛えたペットと強化・召喚魔法があれば鬼神の強さが発揮できるでしょう。多ければ多いに越したことはありませんが境目としてはデスマーチ100%の78。また、ブラッドルーレットが非常に有用なのでどんなにスキル構成に余裕が無くても召喚18は最低でも取るべきと思います。
ちなみに召喚下僕と青ネームペットを同時に運用というのはシステム上厳しい制限が設けられていて実用的でないのでテイマーが取った場合の召喚魔法とは基本的には強化魔法と同じペット支援だと思ってください。

・【 死の魔法 】
ちゃんと使い方(効果)を知っていれば非常に有用なグレイブヤードミストはスキル0から運用できるので必ず覚えて起きましょう。高位魔法だとヘルパニッシュやリボーンワンスなど飼い主を守る強力な魔法があるのでそこまで振れるのならいいのですが、下位の魔法はどちらかといえば対人用の色合いが強く中途半端に振るくらいなら他に回したほうが良いかもしれませんね。

・【 魔法熟練 】
言わずと知れた、魔法を使うなら必ず取っておきたいスキル。境目はマナプレッシャー100%の48、ホーリーリカバーまで使える70〜78、ラピッドキャストの90↑でしょうか。スキル70くらいあるとメディテーションによるMP回復力は目を見張るものがあります。

・【 自然調和 】
ペット・下僕をテイムする際、対称のHPをある程度削ってから行うわけですが、自然調和はそのテイム力に影響を及ぼします。主観で適当に目安を言うと、これが0だと対称のHPをギリギリまで削りそれでもミスが出易いですが、調和10だと残りHP1〜2割、調和20で残り3〜4割、調和30で残り6〜7割、調和40で9割ほど残っていてもテイム可能になっていきます。全体ではテイマーに有用な技はほぼ無いと思いますが、スキル0でも運用可能なタゲ切り技のサイレントランがあり、先述のテイム力の関係でサイレントラン100%発動の9ほどまで振っておくことを推奨します。

・【 暗黒命令 】
こちらもタゲ切りとして効果の高いテラーチャームがスキル0で運用可能です。他の技だとせいぜいドレインソウルがテイマーには有効かもしれませんが19固定回復なので微妙かも。

・【 取引 】
ある程度ペットが育ってくると普通にPCがソロで戦うには厳しい相手、例えばギガスですが、そういうのとスパーリングすることになってきます。そうなると例えば高値の付く賢者などが手に入りやすくなりそれを捌くためにオープンセラーがなんとか開ける程度にあると便利でしょう。触媒代・えさ代はばかになりません。

・【 パフォーマンス 】
まぁ…、よほどスキル値が余ってるなら取っても…。一応現実的に見れば、複合パッシヴの中でも屈指の高性能であるCOSを取るのに必要ではありますね。COS取って白銀賢者装備着るとか。

・【 ダンス 】
スワンダンスの高性能さが光ります。DOTを喰らうとペットへの支援が遅れて下手をすると致命傷になりかねませんがそれをすぐ消せるのは魅力的です。また、多頭狩りの場合ウェーブダンスでペットのクリティカル率を上げるのも有効な手段です。ツイストはペットには効果が無いと聞いてます。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第二章はこれにて終了です。


次回は、テイマーの為のお勧め技・魔法です。


 ・目次に戻る


▲Back to top

<< ここ1,2ヶ月の雑記等まとめ | HOME | 育成熱久々に上昇中 >>

+ Comments +
----
石仮面があればスワンなど必要ありません。セル様ぁーッ!僕はダンスをやめるぞ!!
そう思ってた時期が、僕にもありました。
【2008/03/09 10:59】 URL | ペッツ #- [ edit] | ▲Back to top
----
フフフ・・・
宣伝ありがとね〜(☆ω☆)v
【2008/03/10 20:03】 URL | INORAN #- [ edit] | ▲Back to top
----
>ぺっつさん

石仮面を取り巻く栄光と破滅の軌跡はあまりに予想通り過ぎでした。
まぁ今だと最後の手段的にはまだ使える気もしますね。


>みんうさん

すいません、リンク先ミスってたことに今気が付きましたw
現在は修正済みです。
【2008/03/10 22:03】 URL | Selphice #- [ edit] | ▲Back to top
+ Post a comment +













管理者への秘密コメント

+ Trackbacks +
Trackback URL
http://selphice.dtiblog.com/tb.php/53-bfdf4e88

| HOME |