タイガー・・・レイドッッ!!!
【2013/10/08 23:04】 現実世界の話 | TB(-) | CM(0)
え〜、先週の土曜日にタイから帰国しました。
タイガーショットは〜・・・、もう少しで撃てるような気にはなってる(なってるだけ)んですがもうちょっと修行しないと無理みたいです。


タイというか日本以外の国に行ったこと自体が今回初めての経験で、しかもレジャーじゃなくて仕事だし、まして病み上がり状態からの出国だったので三日目くらいにちょっと体調崩して午前中休んでたりとか、ま〜色々大変だったわけですが、一番大変だったのはやっぱ食事と衛生面でしょうか。

観光でバンコク辺りにしか滞在しないのならどうだったかわかりませんけど、
工業化で都市化が進んでるとは言えまだまだ途上のところへの出張だったので、
食事も正直なところ口に合うとは言えず、
(最終日の昼、たぶん今までよりだいぶランクが上の店に連れて行ってもらえましたがそこはさすがに美味しかったけど)
あと、大多数の食事処が屋根だけはあるけど実質屋外な環境でハエやら蚊やらがよく飛んでるような場所での食事だったのでこれが相当きつかったですね。

宿泊してたホテルは、日本のサービス並みとはさすがに行きませんけど、けっこう掃除とかサービス行き届いててWifiでネットもOKな環境だったので、そのおかげでなんとか2週間持ちこたえられた感じです。

まぁでも日本ではまず体験出来ないことを色々体験も出来ました。

ココナッツミルクはもっと美味しいものを想像してたけど実際はそうでも無かった。
なんというか生臭さ?ん〜、ちょっと違うな、なんだろ、まぁ甘いは甘いけど独特のクセがある味でした。

日曜日には観光に出かけゾウに乗ってきましたし、で、そこでココナツミルクのアイスを食べたらとても美味しく、ココナツというのは加工して初めて美味しくなるものなのだと思いました。

最終日の昼に連れて行ってもらったお店で食べたマンゴーは、まぁさすがに宮崎マンゴーとまでは行きませんけど十分に美味しかったです。
日本でたまに(どこの国のか知らないけど)輸入物のマンゴーを口にする機会はありましたけど輸入物は全く美味しくなかったので、侮っていました。

って何か食べ物の話ばっかりですね。

それ以外のことだと〜・・・、あ〜、びっくりするくらい日本車が多かったことが印象的かな。
4割トヨタ、2割ホンダ、2割が日産やマツダや三菱、残り2割がその他(イスズ、フォード、ベンツetcetc)って印象かも。まぁそんなしっかり数えたりしてないので適当ですが、それくらいのイメージです。


あと、やはり向こうはまだ車は高級品らしいのでタクシーがけっこう多かったりするようなんですが、カラーリングがとにかく派手。
一番印象深いのはやはり どピンク のタクシーでしょうか。
あと一応会社?なのかはわからないけどそういう団体に属しても車自体は個人で用意したものみたいなシステムらしく(たぶん。あくまで予想でしかありません)、色的に同じ系列と思われるタクシーでも車種だけに及ばず外装まで多岐に富んでるのも新鮮でした。
GTウィング付けたタクシーとか一体何する気だよ みたいな。

そうそう、また飲食系に話戻りますが、タイでのファーストインパクトはセブンイレブンで買ったペットボトルのお茶でした。

その名を FU☆JI☆CHA。
FUJIというのはまぁ富士山のことなんでしょう。それっぽい絵が描かれてましたし。
その横に「静岡」とか書かれてます。
パッケージは緑色。

日本人なら誰がどう見ても 緑茶 だと思いますよね。

私もそう思いました。初日からいきなりタイの謎の飲料を口にする勇気はあまり無いので無難そうなのを選んだつもりだったんです。
つもりだったんですが・・・


甘かった・・・


えっと、これつまり考えが甘いとかそういう例え表現でもなんでもなくて、

味自体が甘かったです・・・。

紅茶的な物なら普通に飲めたんでしょうが、ほんと日本茶的なものに砂糖混ぜたような味なので生粋の日本人には飲めたものではありませんでした。

とまぁ初日から異国の地の洗礼を受けたタイ出張2週間でした。


ちなみに今回全く写真がありませんが、まぁ基本的には観光じゃなく仕事で来てるせいもあってそれほど撮れてはいません。
が、まったく撮ってないわけでもないので編集済んだら後日にでも少し貼っておきます。
日曜とかもう片付けやらお疲れ状態でそういうのする気にはさすがになれませんでした・・w

一応FU☆JI☆CHAとかココナツミルクとかゾウに乗ってる写真とかはあるよっ。


▲Back to top

<< タイガー…っ ジェノサイッ!! | HOME | 続けるべきか閉めるべきか、それが問題だ。 >>

+ Comments +
+ Post a comment +













管理者への秘密コメント


| HOME |